2020年2月28日金曜日

トルコ発、脳ミソぐるぐるロック。



ジャケに「DISCO FOLK」とあるが、理解不能。
しかし、これはかっこいい。AREAの原風景みたいな音楽。
詳しくはディスク・ユニオンさんの紹介ページへ(→こちら)。
ホワイト・ストライプスの如きデュオ編成で、
アイリッシュ・ジグのようなメドレーを9分間続ける。
西洋サイケ・ロックもびっくりだ。
僕がイメージするアナドル・ロックとも違う感じがする。
聴く人が聴けば、これでトランス状態へ行けるのだろうか。

2020年2月27日木曜日

The Drew Thomson Foundationの新PV



昨年に一度取り上げた(→こちら)ドリュー・トムソン。
その時のデビュー作の冒頭曲がなぜか今頃になってMV化。
久し振りに聴いたらやっぱり良いのでサポートします。
出自は違えど、単純明快にこういうサビを鳴らすパワー・ポップは貴重。

2020年2月25日火曜日

Kneebody かっこいいなー。



BRAINFEEDERとも繋がりのある米国ジャズ・バンド、ニーバディのスタジオ・ライブ。
70年代のスペーシーなジャズ・ロックを発展させたような音で全編楽しめた。
目を引かれるのがドラムのネイト・ウッド。
前任ベースが抜けた昨年よりこのスタイルで演奏しているそうだ(25分くらいにその経緯を話してます)。
もちろん盛り上がってきてからの両手使いも凄い。
調べたらソロで歌ものもやっていて、才能エグいな。

2020年2月21日金曜日

ゾンビーズ好きはチェックすべし。



よくは知らないが、ゾンビーズのベーシスト、クリス・ホワイトさんのプロジェクトで、
歌うのはコリン・ブランストーン。
メロディーが「ラヴァーズ・コンチェルト」(元ネタはバッハのメヌエット)っぽいな。
音は70年代終盤の中庸な感じです。
詳しくはディスク・ユニオンのページへ(→こちら)。
クリスさんと言えば、ロッド・アージェントの影に隠れがちだけど、
名盤『オデッセイ&オラクル』の半数の曲を単独で書いてる才人です。
Spotifyで「CHRIS WHITE EXPERIENCE」で検索したら、とりあえずは聴けますので。

2020年2月20日木曜日

Mo Troper 最高にいいっすね。





今月リリースになったオレゴン州出身モー・トロパーの4thアルバム。
Paste Magazineにて「Sweet 'n' Sour Power-Pop」と紹介されていた。
よく知らなかったので調べてたら、
デビュー作の時にピッチフォークに「鼻垂れ」と書かれてて笑った。
確かに、間違いない。
でも、とてもポップでいい感じです。
結構凝ったこともやってるが、
基本メガネでヘタレ、な立ち位置なのがぐっと来るんだよな。
非マッチョ・ポップが好きな人は今すぐSpoyifyで聴こう。

2020年2月19日水曜日

Benediktという謎の男。



スフィアン・スティーヴンス以降の情感をもったフォーク・アーティスト。
でも、素性は全然分からない。
日本語の記事も一切ヒットしない。
北欧ノルウェー出身のようだ。

2020年2月17日月曜日

『牙に見えたよ、君のストロー』ジャケット公開


Amazonに既に出ていたので、オフィシャルでも公開。
初夏の生命感あふれる芝生ジャケです!
リリースまで2ヶ月切りましたね。

TOWER RECORD→こちら
HMV→こちら

2020年2月16日日曜日

Six Organs of Admittanceの新曲。



フォークとガレージを合体させてワンコードで突っ走る。
ベン・チャスニーのサイケ・プロジェクト。ドラッグ・シティより。
モーリン・タッカーばりのドラムが熱を帯び、
むちゃくちゃなギター・ソロが出てくる頃には「おお、かっちょええ」と喜んでしまった。
キャリア長いだけあって、なんか鋼の魂を感じるね。

2020年2月13日木曜日

京都ライブやります。

CHAINS Presents
“ONE STEP BEYOND 2020 SPRING”
2020年4月4日(土)
京都 拾得
出演:CHAINS冬支度with 渡瀬千尋、徳永憲
料金:2000円
開場17:30/開演18:30

関西でのライブは9年振り。
チェインズに呼んでもらいました。対バン20年振りくらい?
拾得、楽しみです。アコギ弾き語りでディープにいく予定。

2020年2月12日水曜日

綱渡りでスローダンスを。



The Felice Brothersの現メンバーでもあるNY郊外出身のSSW、ウィリアム・ローレンス。
いい曲みつけたなぁ、と自分で自分を褒めてますが、
アルバムはもう昨年8月には出ていたようです。
ネット界隈で話題になる音楽ってのは基本的に「今現在の気分のクールリスト」でしかないから、こういう人達は漏れてしまう。
ううむ。
YouTubeもSpotifyも、もっと精度を上げて僕にオススメして来なさい。

2020年2月10日月曜日

ダヴィ・フォンセカ、素晴らしい才能。



Musica Terraさん(→こちら)にて紹介されているブラジルのアーティスト。
「全人類必聴」と書いてあり、話題になっていたので聴いたが、確かに。
これは久々に衝撃を受けた。カッコ良すぎるではないか。
まいりました!

2020年2月9日日曜日

Simen Lyngroth、良いです。



ダンカン・ブラウンっぽいめちゃ良い曲ですな。
ジャケのイラストがひどいが。
北欧ノルウェーのシンガー・ソングライターで、
名前はサイメン・リングロスと表記すればいいのか。
他の曲はこういうフォーク調ではないのだが、
どの曲もメロディーにジャズっぽい隠しワンポイントがあって、
どことなくエヴリシング・バット・ザ・ガールみたいな雰囲気があったりする。
来月に新作2ndが出る予定。
2017年発表の1stはspotifyで検索すればすぐ出てきます。

2020年2月7日金曜日

James Elkingtonはフォーク界の宝でしょう。



3年前のデビュー作の時も紹介したジェームス・エルキントン(→こちら)。
今月発表になった新曲も渋くていいですね。
ペンタングル直系のアコースティック・ロック。
シカゴ音響のエッセンスもちらほら織り交ぜられている。
ドラム参加はジェフ・トゥイーディーの息子、スペンサー。
新作アルバムは4月予定とのこと。
アルバム・タイトル曲となるこちらもかっこいいので、是非。

2020年2月6日木曜日

マジック・ギャングの新曲。



過去に何度か取り上げている(→こちら)英国バンド。
出たばっかりの新曲は彼らなりのノーザン・ソウル解釈、といった様相で、
やっぱりセンス抜群で好きです。
具体的にはサビをスー・リンの「Don't Pity Me」に寄せてるような(→こちら)。
メンバーのおじさんがウィガン・カジノの常連だったらしく、
こういう音楽的背景がポンと出てくる所は羨ましい限り。




2020年2月4日火曜日

アウト・オブ・マイ・ヘアーの新曲!



多分あの90年代の英国シンガーソングライターと同じです。
少し声が枯れてますが。
YouTubeチャンネルで他の曲も聴けます。
バッドリー・ドローン・ボーイの新曲より僕はこっち派ですね。

2020年2月3日月曜日

ボニー・ライト・ホースマン、いいですな。



フルーツ・バッツのエリック・D・ジョンソン、米国北部ヴァーモント州のSSWアナイス・ミッチェル、ジョッシュ・カウフマンが古いトラッドを演るために集まったプロジェクト。
Spotifyで聴いているのだが、かなり好みだ。
上記曲はボニーヴェアのジャスティン・ヴァーノンが参加している。
(というかリリースしているのがジャスティンのレーベル)。
他にも英国からThis Is The Kitのケイト嬢、アイルランドからはリサ・ハニガンが参加していたりする。名コンピ『Dark Was the Night』で知られるザ・ナショナルのアーロンさんもいます。
録音はウッドストックにあるDreamland。ここは19世紀の教会を改築した所らしい。
独自解釈なトラッドも多く、アクは強いものの、フォーク好きには見過ごせない内容です。

2020年1月26日日曜日

しかし、ここまでやるか。執念やな。



ジェネシスの2枚組名盤『眩惑のブロードウェイ』(1974)のすべてをアニメ化した、
驚愕のファン動画。まだ2曲しか観れてないが、これは絶対に全編すごい筈。
この投稿者の動画は以前「サパーズ・レディ」(『フォックストロット』収録の23分大曲)で感銘を受けたので、きっと間違いない。
歌詞が出てきて、それに付随する絵が出てくるので、感覚的に楽曲の世界に触れられる。
難解であるがセンテンスそのものは抽象的ではないので、ここまで成立するのか。
主人公はプエルトリコ人の不良少年レエル。彼がとち狂った世界と対峙していく物語。
ピーター・ゲイブリエル期のジェネシスにあまり関心のない人にこそ、
これは観て欲しいなー。
僕もすべてを理解しているわけでないので、じっくり鑑賞して、
めくるめくイメージの連続を浴びまくり、改めてジェネシスの素晴らしさに浸ろうと思う。

2020年1月25日土曜日

Wax Machineという名前覚えておこう。



タワレコのアウトレットでCD上限20タイトルまで買った徳永です(→こちら)。
期間は今月いっぱい。以前よりアイテムも増加してますよ。

さて、3月にデビュー・アルバムを出すという英国ブライトンの男女4人組。
のっけからフルートが妖しく響いて、60'sサイケなノリが全開。
ほぼアイディア一発の曲だけど、演奏も録音も良く最後までしっかり聴けます。
中心人物はブラジル生まれのラウ・ロー。
何となくマット・デイトンを想起させるフォーキー/ジャズ趣味があって、
顔も少し似ているような。
アルバム、楽しみに待ちたい。

2020年1月24日金曜日

Wilsenの新曲がいい感じだ。



米NYブルックリンを活動拠点とする男女3人組。来月出る3年振りの2ndからの新曲。
プロデュースがBIG THEIFで名を上げたアンドリュー・サルロということで、
注目度が高そうだ。
カナダ出身の中心人物タムシン・ウィルソン嬢も魅力的だが、
ネオサイケなサイドギターがサウンドの肝だなぁ。

2020年1月23日木曜日

スティーヴン・マルクマスの新曲。



マット・スウィーニーの参加が効いていて、激渋にカッコ良い新曲。
アルバムは基本アコースティックでタイトルは『トラディショナル・テクニクス』。
前々作制作中にスタジオで湧いた別アイディアを発展させたものらしい。
前作『Groove Denied』もシンセ使ったりして面白い作りだったけど、
アイディアがまだまだ出てくるんだろうね。
今年はペイヴメント再結成もあるのに、活動意欲旺盛ですな。

2020年1月21日火曜日

リーフ・ヴォルベック、ファンになりました。



ロンドンのダブルデッカーに乗って、だんだん夜が明けていく様を撮影した素晴らしいPV。
去年暮れに公開されていたのだが、今年になってから知った。
カナダの鍵盤シンガー・ソングライター、リーフ・ヴォルベック。
このシャッフルはシン・リジィに影響されているそうで、
そんな情報を知ったら取り上げないわけにいかない。
昨今世間に欠けているものは「シャッフルな心持ち」だと認識させられたよ。

早速聴いたアルバムにもバラードにラップを絡ませた曲があったり、
素晴らしく抒情的でいてリズムをしっかり意識した大傑作だった。
通算4枚目。過去作も追わなきゃな。



2020年1月20日月曜日

ナイト・フライト、派手さはないが素敵です。



英国ロンドンの4人組フォーク・バンドによる新曲。
バンドのYouTubeチャンネルではエリオット・スミス、コールドプレイ、スティーリー・ダンらのカヴァーを披露していて、フォーク云々というよりはグッド・メロディーを標榜している感じ。
ハイプとは無縁な個性で、好感持てます。
こういう人達は地道にずっと続けていってもらいたい。

2020年1月18日土曜日

Bear Ghostの新曲がいい。



今後もっと話題になりそうな米アリゾナ州フェニックスのバンド。
フォール・アウト・ボーイとクイーンを合体させたようなキャッチーさ、
現在はトリオ編成なのに凝りまくったアレンジがいいですな。
中心人物のライアンはディズニーランドが大好きらしく、
ディズニー音楽に影響を受けているのかもな。
ルックスもいいし、ブレイクの予感をひしひしと感じます。

2020年1月17日金曜日

パーニス・ブラザーズの新譜。



ボーナス入り国内盤が今月リリースのパーニス・ブラザーズ。
ハヤブサのインフォ(→こちら)には通算8作目と出ているが、
公式Bandcampには6or7作目みたいな書き方がしてあった。
まぁ、どっちでも良い。聴けるだけでも嬉しいじゃないすか。
9年振りだよ。盟友リック・メンクもちゃんと参加しています。
(上の動画は冒頭1曲目。公式じゃなく、ファンが上げたものです)

2020年1月16日木曜日

ライブ情報です。

2020. 04.26(日)渋谷7thFloor “アンウエルカムパーティ Vol,05”
open / start 12:00 / 12:30
前:3,000 当日:3,500
出演:尾島隆英 / 徳永憲

プレイガイド:e+ https://eplus.jp/sf/detail/3205090001-P0030001

メール予約 ojimatakahide@gmail.com まで
件名を[アンウエルカムパーティ Vol,05 ]とし、 本文に[イベント日時/お名前/人数(4名まで)/ご連絡先]を記入の上メールしてください。

2020年1月15日水曜日

音楽一家ですなぁ。



ジャズ・ヴォーカリスト、ボビー・マクファーリンの子どもと言えば、
テイラー・マクファーリン(→過去の記事)。
で、その妹がこちらのマディソン・マクファーリン。
彼女も上の動画を観たら音楽をやる為に生まれてきたのがよく分かる。
歌声をループさせて、ものの数分でゴージャスな世界を作ってくれます。
しかも、所作が余裕綽々なんだよなぁ。
今月国内盤リリースがあるようです。

2020年1月14日火曜日

Field Musicの新曲。



今月7th新作が出るフィールド・ミュージック。
ブレウィス兄弟を中心とした英国インディNW・ポップ。
第一次世界大戦の時代にまつわるコンセプト・アルバムらしいが、
普通に気持ちよく聴けそうだ。
ポップに振れたレコメン系みたいで気に入りました。

2020年1月13日月曜日

RIP ニール・パート



変拍子にぶちこんでくるオカズのカッコ良さ。
このライブ・ビデオ、昔よく観たなぁ。
ニール・パート、脳腫瘍で亡くなる。残念でならない。

10年前の過去記事→こちら
13年前の過去記事→こちら

2020年1月10日金曜日

マット・バーニンガー、きっといい人だ。



ザ・ナショナルのマット・バーニンガーが子供向け動画に登場。
「長い言葉が好きなんだ。ABCsって言いたいときalphabeticallyみたいに」
ってな感じのことをラップしてます。
意外と芸達者で、懐が深いですなぁ。

2020年1月8日水曜日

新作は変則チューニングなし。



「キュレーター」のビデオにコードネームを入れたのだが、
自分だけじゃ画がもたなかった、という理由だけじゃない。
これは普通に弾ける曲だよ、と示してみたかったのだ。
実は今回の新作アルバムは、全曲普通のチューニングで書かれている。
当たり前のことを威張って言うのもバカみたいだが、
よくよく振り返ってみれば、変則チューニング曲が入っていないのは、
2nd『眠りこんだ冬』以来、20年振りのことだ。
誰も気にしないと思うけど、僕の中ではレアなのだ。
なんでそうなったのかなー。
今自分でも分析しているところ。

2020年1月6日月曜日

新曲「キュレーター」公開。



おまたせです。
新作の発売、4月になりそうです。
アルバム・タイトルは『牙に見えたよ、君のストロー』。
上の新曲「キュレーター」の一節から取ってます。
がっつり左右で2本のエレキを弾きまくったパワーポップ。
イントロ部分はティーンエイジ・ファンクラブの「スター・サイン」と一緒。
リスペクト、そしてオマージュということで。
アコギは弾いてないけど、ビデオではアコギを抱えてます。
何も考えてない。適当ですいません。
YouTubeページには歌詞も載せているので同時にどうぞ(→こちら

<トラック・リスト>
1.ふがいない夏が始まる
2.夏の小さな虫
3.シ・ン・プ・ル・トゥモロー
4.そして、ねむい
5.ボクシング vs 口内炎
6.ヴェスト
7.これからきっと
8.サンデーで一週間
9.キュレーター
10.休日の終わり
11.ずっと君といたかった

品番:WAKRD-077
価格:2,500yen
発売日:2020.04.15

続報、出していきます。応援よろしく!

2020年1月5日日曜日

2020年1月3日金曜日

PHISH、健在です。



PHISHが年末ライブの映像をアップしていたので紹介。
曲は長尺演奏で人気の「Tweezer」。
ジャムが始まる5分前からの観客の期待感がザワザワとなって表れていて面白い。
内容的は前半はぼちぼちだけど、中盤からの熟れ方は流石。

2020年1月1日水曜日

あけましておめでとうございます

さぁ。新年だ。
あと数日で情報出し・・できるかな?
ブログのチェック、してくだされ。