2018年9月27日木曜日

Tank And The Bangas 最高です!



明日リリースされるタンク&ザ・バンガズの新曲「Spaceships」。
今年の夏にこのバンドの存在を知ったのだが、すごく注目している。
上記ライブ動画があまりにも素晴らしかったのがその理由。
必見。きっと数年後、フェス・シーズンを沸かす存在になるので覚えておこう。
(3年前にも同じようなことを書いて実際そうなった→こちら

基本スタイルはヒップホップで育ったファンク。
でも、ニューオーリンズの音楽的気だての良さが濃厚に噴出していて、
なんだかそれ以上のジャンルレスな新しき土着産物になっている。
遡って聴いたデビュー当時(2013)の作品は優等生的な印象だったが、
絶対にここ1〜2年で化けてきているな。
気に入った方は直近シングルもめっちゃいいので、どうぞ→こちら

2018年9月26日水曜日

秋っぽいフォークポップ、沁みます。



オータム・ディフェンス、ウィルコで知られるパット・サンソンがフィーチャーされた、
フェルナンド・ペルドモの新曲。
好きなシンガーに自分の曲を歌ってもらうというアルバムが出るとのこと。
二人は近年リンダ・パーハクスのバッキングを担当していて(→こちら)、
その繋がり所以でこういうコラボレートになったのかな。
アルバムにはリンダさんも参加してます。
フェルナンドさん、よく知らなかったけど音楽命なハードワーカーっぽい。
好印象を受けた。これから動向に注目していこうかな。
詳しくは→bandcampへ(全曲聴けます)

2018年9月25日火曜日

ブルース傑作をあらためて聴く① 



ローリング・ストーンズが選出するブルース・コンピが11月に出るらしい。
こちら
良いことだ。
上記動画は2016年のストーンズ・ブルース・カヴァー作のタイトルにもなった名曲(1959年録音)。
はっきり言ってオリジナルの圧勝です。
ど頭からラストまで完璧なブルース・フィーリングに貫かれていて、
いつ何時に聴いても最高に好きだ。
リトル・ウォルターはR&Bっぽい軽快なブルースが得意なイメージがあるんだが、
こういうドロドロしたナンバーもスイッチが入るとえげつない。
歌詞は女にふられて悶々としている内容だが、人生そのものに苛立ってる感じが噴出してきているんだよなぁ。
リトル・ウォルター、この時29歳。ヒットも飛ばして看板スターの地位を確立していたのに、何があったらこんな凄まじい歌唱になるんだ。

2018年9月21日金曜日

アカペラ+ドラムのみだけど。



アイスランド出身の3人組。その方面では注目されているっぽい。
テクノ方面からロックに転向してきた音楽性とのことだが、
確かにこのリズム・アプローチはそんな感じだ。
4つ打ちの誘惑から脱し、8ビートの可能性を追求しているのか。
この新曲ではギターやシンセすら鳴っていない。
最早ドラムあるのみ。カッコイイぞ。

2018年9月19日水曜日

ジョン・グラント、無双のポップ。



来月出る新作より新しいPV。
80'sっぽいファンクでありながら、吹っ切れたセクシャリティーと狂った世界観が交錯していて、なかなかに見事な出来栄え。
僕にはこの人がどこへ向かうのか想像もつかない。
そこが面白い。
今年はこれからフィギュア・スケートで聴く機会もあろうが(→こちら)、
ますますの活躍を期待したい。

2018年9月12日水曜日

サン・パレード、良いです。



アメリカ東海岸マサチューセッツ州ノーサンプトンの5人組バンド。
夏が似合うポップ・ソングです(なぜに夏終わったタイミングで出す!)。
しかし、ジャケ、映像共々ひどいレベルで雑。
誰か注意する人は周りにいないのか。
メンバーの見た目も悪くないし、もったいないぞ。
ま、本人達が楽しければ、余計なお世話なのですが。
気に入った方はSpotifyで過去の曲も聴けるので、是非。

2018年9月11日火曜日

ポスト・アニマルってどういう名前だよ。



イントロがプログレで何故かサビがザ・シンズみたい、で気に入ったバンド。
シカゴ出身で今年4月にデビュー作が出ていて、そこからのPVです。
基本サイケが好きそうな人達なのだが、どことなく80'sの軽さもある。
バンド名も変で、ジャケットも意味不明、もちろん映像もよく分からん。
1stPVは「ゼラチン・モード」というタイトルだったのだが、
歌詞を調べても理解不能だった。
インディー業界を煙に巻いて、裏で内輪受けしてそうなタチの悪さ。
そこが良いところか。
国内盤はMOORWORKSさんが出してます。

2018年9月7日金曜日

エレキベースの新曲です。



今月末に配信されるエレキベースの新曲。
いつもの二人+手練のゲスト・ミュージシャンとでいいグルーヴ出してます。
PVは今夏のアセンズの映像らしきものが使われていて、
めっちゃアメリカ郊外って感じです。是非。
詳しくは→こちら

2018年9月6日木曜日

セイントセネカの新作。



上記PVは生歌ヴァージョン。スタジオ・ヴァージョンは→こちら
ポップに洗練される道とは正反対のアシッド・フォーク。
もう発売されているオハイオ州出身セイントセネカの4th新作より。
他の先行曲は幾分聴きやすかったものの、マニアックであることには違いない。
もう少し楽曲の路線は絞った方がいいように思うが、シャッフルで音楽を聴いてきた世代なんだろうか、自由であることは良いことだ。
しかし、こういうバンドをフォローし続けるAnti-は偉い。

過去の記事→こちら

2018年9月5日水曜日

シカゴの才媛デュオOhmme。



しっかりした音楽教育を受けてそうな女性2人組。
シカゴのトータス界隈の人脈が伝わるが、確かに意識高そうだ。
上記PV曲は幾分ポップだが、他の曲は結構ぶっ壊れたアレンジをかましていて、
なかなか面白い。
でも、本物の壊れっぷりではなくて、高い所から眺望して出されたノイズ。
というわけでダーティ・プロジェクターズ以降の世代感もある。
スノッブで隙が無いので女性アーティストとしては可愛げがなく売れ無さそうだが、
本人達も元よりそういう売れ方は望んでいなさそうだ。

2018年9月2日日曜日

Steady Holidayがとてもいいです。



Barsuk Recordsと言えばデス・キャブ・フォー・キューティーなのであるが、
オフィシャル・サイトを覗いていたら、このステディ・ホリデイに惹かれました。
ということで紹介。
ドレ・バビンスキ嬢の一人ユニットで、しっかりと自分を持ったサウンド。
こういう非凡なメロディー作りは是非評価されて欲しい。
昨今は女性アーティストのマイナー・レベルからの底上げがすごく、
シーンが活況しているが、そんな中でもかなり良い線をいってるのではなかろうか。
是非ご一聴を。

2018年9月1日土曜日

ザ・マジック・ギャング、国内盤デビュー。



10月に半年遅れて出ることになったデビュー作国内盤。
僕が取り上げたのは随分前だったが(→こちら)、11月に来日もあるようだし、
ここに来て日本で注目され始めている模様。大歓迎です。
この手のバンド・サウンドは日本では根強い人気があるし、
いつの間にか鼻歌に出てくるようなメロディー作りも時間をかけて支持を集めるに違いない。英ロック好き以外の人にもオススメしたい。
今夏レディングのライブが公開されているのでどうぞ→こちら