2019年11月29日金曜日

スコット&シャーリーンズ・ウェディングの新曲。



豪メルボルンのバンドの新作EPより。
VU〜ルー・リード的なヒリヒリ感をユルユルに変換したような音。
ちなみにVUのバンド名はSM小説由来であるが、
このバンドは母が観ていたメロドラマだそうです。
ゆるい。

2019年11月27日水曜日

ナダ・サーフの新曲。



イントロで軽くリック・オケイセックへのトリビュートが入っているような気がする新曲。
彼らもデビュー作をプロデュースしてもらってましたね。
9枚目となる新作『Never Not Together』は来年の予定とのこと。

2019年11月21日木曜日

Seabearの人です。



アイスランドのシーベアー。
結構好きだった記憶があるが(→こちら)、その後音沙汰がなく忘れていた。
でも、ソロ・プロジェクトが順調に活動していたんですね。
全然チェックしていなかった。
こういう時にSpotifyは便利。あっという間に音源を手元に引き寄せられる。
上記曲は最新作より。出自のフォーク・ロックがちゃんと残っています。
今月国内盤がリリースとのこと。

2019年11月20日水曜日

Caspianの手練ポスト・ロック。



米マサチューセッツのポスト・ロック・バンド。
7/8で静から動へ。展開が分かっていても、それをしっかりやり切っていて、
それでいて納得させられる技量を見せつけてくれます。
手垢のついた黄金パターンをちゃんと黄金にできるのは素晴らしいな。

2019年11月16日土曜日

ビル・フェイさんの新作。



以前紹介したのは2012年のウィルコ・カヴァーの時でした(→こちら)。
デッド・オーシャンからの3作目が来年1月に出るそう。
意表を突いてアコギ・スタイル。ピアノは後半から出てきます。
いつものたどたどしい歌に、少しだけ強い意志が加わっているような気がしないでもない。
情報によると、今回のアルバムはあまりアレンジの入っていない、
シンプルな作りになっているそう。

2019年11月14日木曜日

本人出演MVです。



今年5月に出たゲット・アップ・キッズ最新作の5曲目。
必死なルーさんが笑えます。
メンバー内で本人出演ビデオにしよう、とジョークで言っていたら、
実現してしまったそう。




2019年11月7日木曜日

オランダ発のポスト・ロック・トリオ。



SUB POPより。オランダの3人組新人バンド。来年2月のアルバムからの先行曲。
変拍子や転調を織り交ぜた複雑な展開を持つ楽曲であるが、
頭でっかちになってないポップさ、軽妙さがあって、良い感じ。
OMNIと共に新しきサブ・ポップの双璧となっていってもらいたいな。

2019年11月1日金曜日

ブラジルのまったり系バンドMoons



このバンドのことはディスク・ユニオンのサイトで知った(→こちら)。
今月出る国内盤は2ndアルバムにあたり、
上記PV曲は次に予定されている3rdからのカットのようだ。
まったりとした厭世フォークに、後期ビートルズのエッセンスがちらほら。
この雰囲気、たまらんという人多いんじゃなかろうか。