2020年2月28日金曜日

トルコ発、脳ミソぐるぐるロック。



ジャケに「DISCO FOLK」とあるが、理解不能。
しかし、これはかっこいい。AREAの原風景みたいな音楽。
詳しくはディスク・ユニオンさんの紹介ページへ(→こちら)。
ホワイト・ストライプスの如きデュオ編成で、
アイリッシュ・ジグのようなメドレーを9分間続ける。
西洋サイケ・ロックもびっくりだ。
僕がイメージするアナドル・ロックとも違う感じがする。
聴く人が聴けば、これでトランス状態へ行けるのだろうか。

2020年2月27日木曜日

The Drew Thomson Foundationの新PV



昨年に一度取り上げた(→こちら)ドリュー・トムソン。
その時のデビュー作の冒頭曲がなぜか今頃になってMV化。
久し振りに聴いたらやっぱり良いのでサポートします。
出自は違えど、単純明快にこういうサビを鳴らすパワー・ポップは貴重。

2020年2月25日火曜日

Kneebody かっこいいなー。



BRAINFEEDERとも繋がりのある米国ジャズ・バンド、ニーバディのスタジオ・ライブ。
70年代のスペーシーなジャズ・ロックを発展させたような音で全編楽しめた。
目を引かれるのがドラムのネイト・ウッド。
前任ベースが抜けた昨年よりこのスタイルで演奏しているそうだ(25分くらいにその経緯を話してます)。
もちろん盛り上がってきてからの両手使いも凄い。
調べたらソロで歌ものもやっていて、才能エグいな。

2020年2月21日金曜日

ゾンビーズ好きはチェックすべし。



よくは知らないが、ゾンビーズのベーシスト、クリス・ホワイトさんのプロジェクトで、
歌うのはコリン・ブランストーン。
メロディーが「ラヴァーズ・コンチェルト」(元ネタはバッハのメヌエット)っぽいな。
音は70年代終盤の中庸な感じです。
詳しくはディスク・ユニオンのページへ(→こちら)。
クリスさんと言えば、ロッド・アージェントの影に隠れがちだけど、
名盤『オデッセイ&オラクル』の半数の曲を単独で書いてる才人です。
Spotifyで「CHRIS WHITE EXPERIENCE」で検索したら、とりあえずは聴けますので。

2020年2月20日木曜日

Mo Troper 最高にいいっすね。





今月リリースになったオレゴン州出身モー・トロパーの4thアルバム。
Paste Magazineにて「Sweet 'n' Sour Power-Pop」と紹介されていた。
よく知らなかったので調べてたら、
デビュー作の時にピッチフォークに「鼻垂れ」と書かれてて笑った。
確かに、間違いない。
でも、とてもポップでいい感じです。
結構凝ったこともやってるが、
基本メガネでヘタレ、な立ち位置なのがぐっと来るんだよな。
非マッチョ・ポップが好きな人は今すぐSpoyifyで聴こう。

2020年2月19日水曜日

Benediktという謎の男。



スフィアン・スティーヴンス以降の情感をもったフォーク・アーティスト。
でも、素性は全然分からない。
日本語の記事も一切ヒットしない。
北欧ノルウェー出身のようだ。

2020年2月17日月曜日

『牙に見えたよ、君のストロー』ジャケット公開


Amazonに既に出ていたので、オフィシャルでも公開。
初夏の生命感あふれる芝生ジャケです!
リリースまで2ヶ月切りましたね。

TOWER RECORD→こちら
HMV→こちら

2020年2月16日日曜日

Six Organs of Admittanceの新曲。



フォークとガレージを合体させてワンコードで突っ走る。
ベン・チャスニーのサイケ・プロジェクト。ドラッグ・シティより。
モーリン・タッカーばりのドラムが熱を帯び、
むちゃくちゃなギター・ソロが出てくる頃には「おお、かっちょええ」と喜んでしまった。
キャリア長いだけあって、なんか鋼の魂を感じるね。

2020年2月13日木曜日

京都ライブやります。

CHAINS Presents
“ONE STEP BEYOND 2020 SPRING”
2020年4月4日(土)
京都 拾得
出演:CHAINS冬支度with 渡瀬千尋、徳永憲
料金:2000円
開場17:30/開演18:30

関西でのライブは9年振り。
チェインズに呼んでもらいました。対バン20年振りくらい?
拾得、楽しみです。アコギ弾き語りでディープにいく予定。

2020年2月12日水曜日

綱渡りでスローダンスを。



The Felice Brothersの現メンバーでもあるNY郊外出身のSSW、ウィリアム・ローレンス。
いい曲みつけたなぁ、と自分で自分を褒めてますが、
アルバムはもう昨年8月には出ていたようです。
ネット界隈で話題になる音楽ってのは基本的に「今現在の気分のクールリスト」でしかないから、こういう人達は漏れてしまう。
ううむ。
YouTubeもSpotifyも、もっと精度を上げて僕にオススメして来なさい。

2020年2月10日月曜日

ダヴィ・フォンセカ、素晴らしい才能。



Musica Terraさん(→こちら)にて紹介されているブラジルのアーティスト。
「全人類必聴」と書いてあり、話題になっていたので聴いたが、確かに。
これは久々に衝撃を受けた。カッコ良すぎるではないか。
まいりました!

2020年2月9日日曜日

Simen Lyngroth、良いです。



ダンカン・ブラウンっぽいめちゃ良い曲ですな。
ジャケのイラストがひどいが。
北欧ノルウェーのシンガー・ソングライターで、
名前はサイメン・リングロスと表記すればいいのか。
他の曲はこういうフォーク調ではないのだが、
どの曲もメロディーにジャズっぽい隠しワンポイントがあって、
どことなくエヴリシング・バット・ザ・ガールみたいな雰囲気があったりする。
来月に新作2ndが出る予定。
2017年発表の1stはspotifyで検索すればすぐ出てきます。

2020年2月7日金曜日

James Elkingtonはフォーク界の宝でしょう。



3年前のデビュー作の時も紹介したジェームス・エルキントン(→こちら)。
今月発表になった新曲も渋くていいですね。
ペンタングル直系のアコースティック・ロック。
シカゴ音響のエッセンスもちらほら織り交ぜられている。
ドラム参加はジェフ・トゥイーディーの息子、スペンサー。
新作アルバムは4月予定とのこと。
アルバム・タイトル曲となるこちらもかっこいいので、是非。

2020年2月6日木曜日

マジック・ギャングの新曲。



過去に何度か取り上げている(→こちら)英国バンド。
出たばっかりの新曲は彼らなりのノーザン・ソウル解釈、といった様相で、
やっぱりセンス抜群で好きです。
具体的にはサビをスー・リンの「Don't Pity Me」に寄せてるような(→こちら)。
メンバーのおじさんがウィガン・カジノの常連だったらしく、
こういう音楽的背景がポンと出てくる所は羨ましい限り。




2020年2月4日火曜日

アウト・オブ・マイ・ヘアーの新曲!



多分あの90年代の英国シンガーソングライターと同じです。
少し声が枯れてますが。
YouTubeチャンネルで他の曲も聴けます。
バッドリー・ドローン・ボーイの新曲より僕はこっち派ですね。

2020年2月3日月曜日

ボニー・ライト・ホースマン、いいですな。



フルーツ・バッツのエリック・D・ジョンソン、米国北部ヴァーモント州のSSWアナイス・ミッチェル、ジョッシュ・カウフマンが古いトラッドを演るために集まったプロジェクト。
Spotifyで聴いているのだが、かなり好みだ。
上記曲はボニーヴェアのジャスティン・ヴァーノンが参加している。
(というかリリースしているのがジャスティンのレーベル)。
他にも英国からThis Is The Kitのケイト嬢、アイルランドからはリサ・ハニガンが参加していたりする。名コンピ『Dark Was the Night』で知られるザ・ナショナルのアーロンさんもいます。
録音はウッドストックにあるDreamland。ここは19世紀の教会を改築した所らしい。
独自解釈なトラッドも多く、アクは強いものの、フォーク好きには見過ごせない内容です。