2017年12月16日土曜日

3.クロスカウンターズ

元々はチェルシーボロ用に書いた蔵出し曲で2001年作。その当時デモまで作ってメンバーに聴いてもらっていた。全然新曲じゃないっすね。アコギは2弦を1音下げてのEADGADで2capo。この歌詞でなんでこのタイトルなのか、今となってはもう思い出せません。でも、曲のフォルムと不思議と合致しているのでこのままに。全てを論理的に固めなくてもいいじゃないか、と思ってます。アコギがすごく良い音で録れたので、リード楽器はアコギ、と断言できる曲になってるな。

2017年12月14日木曜日

2.夢から醒めてこぶしを見る

2015年作。アコギはDADF#ADで1capo。これも昔のスケッチ録音から見つけ出され、自分内で換骨奪胎させた曲。調子のいい日はこういうスケッチをたくさん残しておくのが、自分の中では吉としている。1曲だけに掛かりきりになっていたら、その時間が逃げていってしまうので勿体無い。調子に乗ってあれこれと紡いでいたら、後で狙っても絶対に書けないようなフレーズが出てきたりしているので面白い。そして、こういうタイプの曲は、数ヶ月後、数年後にじわじわ力を出す。みなさまお楽しみに。演奏は完全にワンマン。間奏の変テコな音はギターで出してます。後奏部分は偶発的にできた変拍子。

2017年12月12日火曜日

1.理論値ブルース

発売から1週間。
友人から「全曲解説はいつやるの?」と言われたので今回もやってみることにします。
恒例になってしまったな。
期待している人が他にいるのか不安だが、いつも通り補足情報をメインに書いていこう。
今から少しずつ書くので遅筆になるかも。

1.理論値ブルース
2015年作。アコギのチューニングはDADGAE。数年前に録音して忘れていたギターリフを蘇生させ発展させた曲。演奏はこのニュアンスを出すのが激ムズ。普通のプロでも僕のようにうまく弾けないだろう(ただし僕は普通のプロのようには弾けない)。バックはAKAIのMPCとプロツールズの編集によるもの。ウッドベースをお願いしている砂山さんは旧スザクの人脈で紹介してもらった。耳とセンスが良いという評判通りで、3Take送ってもらってバッチリOKでした。

2017年12月5日火曜日

本日発売!


本日、ニュー・アルバム『信じるに値しない男』のフィジカル・リリース日です。
みなさま、お待たせしました。
やっとここまで辿り着けました。
毎回長い道のりだが、今回も長かった。

今回のはここ数作続いていたバンド録音とは違うベッドルーム作品。
特設ページの長文にも書いたけど、
ミックスまでやっているので「個」がよく出たアルバムになってると思います。
現在のトレンドから距離を取りつつ、というか他の誰からも距離を置いたこの感じ、
を肌で感じてもらえればいいかな、と。
制作中に思ったのが、機材やプラグインは金さえかければ誰でも導入できる。
でも、そこに依存するとみんな似た音になっていく。
個々の才能をそういったものでコーティングするのは勿体無いのではないか、と。
発火点が一番大事。
そう思いながら録音&ミックスしてました。
気に入ってくれるかな。

ぜひ!

今月発売のミュージック・マガジンにレビュー&広告載ってます。
そして、次号には記事も載る予定です。



2017年12月2日土曜日

2017.12.1(金)at六本木VARIT<DECEMBER'S CHILDREN EXTRA>


出演:沖ちづる、徳永憲

2年9ヶ月ぶり。重い腰を上げての弾き語りライブ。
呼んでくれたのはMoving Onさんで、前回と同じく沖さんとご一緒に。
色々気にかけてもらってありがたいです。
20年近く経ってもデビュー時の人脈で物事がこうやって動いていることに感慨を抱く。
なつかしい人にも沢山出会えて楽しかったな。
お客さんも一通り埋まって良かった。
後で聞いたらCDが「マジか!?」と驚くほど売れてました。
みなさんありがとう。どこかで聴いてもらえてると思うと嬉しいです。
新作もじっくり聴いてやってください。

セットリスト、記しておきます。
12は新作からで初披露。アンコール2曲目は沖ちづるとのセッション。
自分の曲をデュエット形式で歌うのは初めてで、めちゃくちゃ貴重な体験だった。
アイディアを出してくれた沖さんに感謝したい。

SETLIST
1.アンサンブルー
2.お先に失礼
3.気にしないで
4.コートを召しませ
5.メタルが好きだ
6.君ははぐれている
7.肩車の思い出がまた肩車をつくる
8.悲しみの君臨
9.ただ可憐なもの
10.暖かなもの
11.魂を救うだろう
12.クロスカウンターズ
13.7(セブン)
アンコール
・本屋の少女に
・いつまでも生きていたい(with 沖ちづる)

追記:ライブレポート出ました→BARKS

2017年11月29日水曜日

本日、配信開始。

新作『信じるに値しない男』。
本日より配信始まりました。

配信:
iTunes
amazon music   http://amzn.to/2Bnvd7p
music.jp   http://music-book.jp/music/Artist/1134735/Album/aaa91h36
ドワンゴジェイピー   https://pc.dwango.jp/portals/album/2645200
mora   http://mora.jp/package/43000071/WAKRD064/
Google Play Music   http://bit.ly/2Ap7NSe


早く聴きたい、という方は是非体感してください!

2017年11月25日土曜日

フランスものの危険な香り



フランスのPain SurprisesというレーベルからのPV。
という情報しかないけど、アニメの色彩やタッチ、世界観に惹かれておすすめしたくなった。
制作は仏のMiyu Productions(→こちら)。他の作品も良かったです。

80年代のゲンスブールっぽい退廃がありつつ、同時に近未来っぽくもある。
血や涙がことごとく無機質で、淡々とした断定の行動が不安感を煽る。
根底にシャンソンがあるし、危険なダンディズムもあり、
フランスの伝統を感じさせてくれる。