2021年10月21日木曜日

BODEGAの新曲、来ました。


2年前にも期待をこめて取り上げたBODEGA(→こちら)の新曲。
歌はラップ調で、いかがわしく挑発的になってます。
元々、Voのベンさんは人相が悪いのだが(失礼)、
今回は怪しい仮面をつけてさらに不穏感を煽ってきてくれてます。
ただ、やはりバックの演奏はさすがのセンス(バンド・メンバーの変動あり)。
全体のクオリティーも上がっているので、他の曲も楽しみに待ちたい。
ニュー・アルバム『Broken Equipment』は来年3月とのこと。

2021年10月20日水曜日

Billy Swivs、ハモンドがうなるロックン・ロール。


グルーヴィーなハモンドが鳴るロックンロールが好きな人は反応するんじゃないでしょうか。
タイトルが「Time Is Not On My Side」っていうのも洒落がきいている。
レーベルはDaptone Records。ということで、故チャールズ・ブラッドリーのバックをつとめたこともあるNYブルックリンの鍵盤ミュージシャン。
過去の活動は幅広いようで、上記曲と音楽性が近いのはThe Realisticsというバンドか(→Bandcamp)。

2021年10月18日月曜日

Nolan Potterのワンマン一大音楽絵巻。


7月の時点で下書きをしてあったのだが、やっとYouTubeに上がってきたので、紹介。
米国テキサスのノーラン・ポッター。
本人にしか理解できない設計図により構築されているプログレッシブ・ポップ。
アルバムには6分以上の曲ばかり6曲。
もうサブスクでも聴けるので興味のある方は是非。
上の動画でもちょっと顔を出す4曲目「Holy Scroller」が個人的にはツボです。
過剰さが『A WIZARD, A TRUE STAR』期のトッドを彷彿とさせてくれるんだな。

2021年10月14日木曜日

ご報告

昨日、京都のマザーシップ・スタジオへ行ってきました。
そこへ行ったということは・・・
みなさま、お楽しみに。

2021年10月13日水曜日

Boo Hewerdineの新作コラボEP。


元The Bible、英国の良心的SSWブー・ヒュワディーン(現在60歳)の6曲入り新作が11月に出るらしい。
若手とのコラボ作品になっていて、僕としてはエディ・リーダーとのコラボがとても好印象なアーティストなので、他の曲を聴くのも楽しみだ。
近年の活動はあまり追えていなかったが、この曲とかこの曲とか、
良質なフォーク・ポップで、全然枯れていない。
ちゃんと追いかけないといけないっすね。

2021年10月11日月曜日

Blunt Bangs、往年の名盤をオマージュ。


Black KidsのメンバーやWoodsの元メンバーで結成されたパワー・ポップ・バンド。
デビュー作『Proper Smoker』が9月に出て、そこからのMV。
往年の名盤がアニメ化されてます。
気に入った人は下記バンドキャンプへ。
キャッチーな曲いっぱいあるが、僕の一押しは5曲目「Eau Caroline」。

Bandcamp:Blunt Bangs→こちら

2021年10月7日木曜日

Supercrush、ようやく取り上げます。


米国シアトルのパワー・ポップ3人組Supercrush。
去年、TFCやポウジーズの名前を引き合いに出されて話題になったデビュー作『SODO POP』より新しいMVが登場。
YouTubeのコメントをみても、この曲好きだった人が多かった模様。
他の曲も勿論いいんだけど、これはギター・ソロとか「ぐっと来る度」が高いんだよな。

こちらの記事によると、リーダーのマークさんは最近イナフ・ズナフを発見したそう。
彼らを見習ってもっとビートルズ的要素を出すのもいいかも。