2020年9月29日火曜日

Skyway Manとは何者だ。


米西海岸オークランドのミュージシャン、ジェイムズ・ウォレスのプロジェクト、スカイウェイ・マン。
「生きてることに気分悪くしないで」という新曲はルール無用のサイケ・ポップ。
『君が死ぬ時にのみ世界は終わる』という名のニュー・アルバムに収録される。
マシュー・E・ホワイトで知られるSpacebomb Studioで録音されたようで、
リリースはMama Bird Recordingより。10月後半予定。
得体が知れないというか、規格外の才能がまとまらずに開け放たれている感じがすごくいい。

2020年9月28日月曜日

今回はOsees名義になってます。


しょっちゅう紹介している気がするThee Oh Seesの新作(前回→こちら)。
アルバム・タイトルは『Protean Threat』でOsees名義。「h」が抜けました。
長尺曲が無くなり、短めの奇妙な曲がいっぱい入ってます。
これだけ多作でも各曲にアイディアが詰まっているんだよな。
果たしてこれだけ量産することに何の意味があるのか、と思う人もいるだろうが、
これは彼等なりの現世への「抵抗」なのだ。

2020年9月27日日曜日

Mountain Goatsの新曲。


マウンテン・ゴーツの新曲がほっこりできて良い。
10月発売予定の『Getting Into Knives』収録。
もう何枚目か数えるのも面倒になるが、精力的な活動をずっと続けていて頭が下がりますね。
今作はメンフィス州テネシーのサム・フィリップスのスタジオで地元のミュージシャンと楽しみながら一週間で録音したそう。
確かに音から楽しさが伝わってくる。

2020年9月25日金曜日

Lambchopのカヴァー・アルバムが出る。


メンバー各々が選曲を担当したというラムチョップのカヴァー作が、
11月にMergeよりリリース予定。
先行曲はウィルコの『Yankee Hotel Foxtrot』最終曲。
原曲を深く深く掘り下げたような見事な13分で素晴らしい。
正直、近年のオートチューン路線は不満だった。
こっちの方が断然素晴らしい(他の収録曲がオートチューンだったら泣くが)。
こういうアプローチの方が年季の入ったミュージシャンの気概をびしびし感じて、好きだ。

2020年9月24日木曜日

The Posiesの新曲!


突然発表されたポージーズの新曲。
2016年の『Solid States』以来。
憂いあるメロディーの展開がやはりいいですね。
メンバーはもう50歳越え。年相応の包容力を感じます。

2020年9月21日月曜日

Christo Graham、つつましくていいです。


カナダのシンガー・ソングライター、クリスト・グレアムさん。
11月に新作『Turnin'』を出すらしいが、この作品は去年4chMTRで録音したものみたい。
そう言われれば、くぐもった音質でノスタルジックな雰囲気が漂っている。
楽曲は地味に聞こえるが、実はよく練られたメロディーで素敵。
ノラ・ジョーンズにカヴァーしてもらえれば確実に売れます。
しかし、そんな日の目は見ないのでしょう。
まぁ、MVが結構幸せそうなので、それが一番ですよ。

2020年9月17日木曜日

Anthony Moore『OUT』の再発。


スラップ・ハッピーのアンソニー・ムーアが1976年に録音しながら自らお蔵入りにしてしまったソロ作が、Drag Cityより当初考えられていたオリジナル・ジャケ(byヒプノシス)でアナログ再発とのこと。
僕のようなオッサンは90年代のCD再発で既に聴いているだろうが、
若者はこの機会にチェックしておこう。
タイトルは『OUT』だが、愛すべきインドア・ポップ傑作だ。
上記曲はその冒頭曲。牧歌的なメロディーに変拍子が絡んでくるのが気持ちいい。
B・イーノやK・エアーズ、J・ケイルなんかのポップ・センスが好きな人は必聴です。