2012年9月30日日曜日

マイク・ケネリーさんです。



ただのオッサンに見えるけど、ただのオッサンじゃないです。
マイク・ケネリー。
その昔、耳コピだけでフランク・ザッパの複雑極まりない楽曲を覚え、
いきなりオフィスに売り込みの電話をかけ、
オーディションに合格してしまった男。

今や昔の面影はほとんどないが、
そんな彼の最新作『Wing Beat Fantastic』からのPV。
アンディ・パートリッジとの共作&プロデュースということで、
とってもXTCっぽい音の鳴りしてます。
二人の出会いは1988年。
XTCの大ファンだったマイクさんが、渡英先でザッパのライブに招待した時だそう。
そこから長い時間を経て、のコラボレート。
根気と執念、そしてお互いをリスペクトする気持ちが窺われます。

ただ、このポップさはマイクさんの持ち味でもあるみたい。
僕は昔の奇天烈な作品しか知らなかったが、
最近の作品は柔和でポップな味わいがあるようです。
聴いてみようかな。

2012年9月27日木曜日

THE ROCK MOVIES

ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』
ボブ・ディラン『ドント・ルック・バック』
ローリング・ストーンズ『ギミー・シェルター』

この3本を10/14~10/16にフジテレビで放映するらしい。
DVD持ってるけど、こういう快挙は素直に嬉しいと思う。
未見の方は絶対に録画の準備を。

詳しくは→こちら

2012年9月26日水曜日

Hospitality、お洒落やん。



アンバー・パピーニ嬢を中心とするブルックリンのトリオ・バンド、ホスピタリティー。
ヴァンパイア・ウィークエンド以降の奔放さに、
どことなくベルセバ似の爽やかさが重なっていて、とても魅力的に聞こえる。
派手さはないけど、センスのいいアレンジも光ってます。
僕は最近アップされた上のPVでその存在を知ったのだが、
(演技しているのはメンバーではなく、役者さん)
この曲の入ってるデビュー作はもう春には発売になっていたそうだ。
かなり遅れを取ったな。
国内盤はボートラ6曲入りだそうです。

2012年9月23日日曜日

フライング・ロータスの新曲。



このPVいいなー。
可愛いいなりして凶暴なロボットたち。
捕食し合い、増殖し、際限なく巨大化していく。
一度始まったら、もう誰も止められない。
こちらではこのPVキャラで遊べます。
色んな場所をクリック&ドラッグしてみましょう。

フライング・ロータス、ほんとに多彩な才能の持ち主だ。
アルバムはもうすぐ出る予定。
楽しみにしておこう。
エリカ・バドゥや、再びトム・ヨーク、サンダーキャットらが参加しているとのこと。

追記(9/24):
フル試聴始まりました→こちら


2012年9月20日木曜日

ビル・フェイおじさんの名カバー



70年代のブリティッシュ・フォーク好き以外は恐らくその名前を知らないであろう、ビル・フェイ。
彼の40年振りの復活新作より、ウィルコのカヴァー。
弱々しげにピアノ弾き語りで歌われるのだが、
これがウィルコより泣けるという傑作。
コードのヴォイシングに切なさが滲み出ている。

ビル・フェイさん、なんでも近年ミュージシャンから再評価の声が高かったらしく、
こういう復活劇になったみたい。
アルバムにはマット・デイトン、ジェフ・トゥイーディーらが参加してます。
声がボブ・ディランに似てきているから(昔はそうでもない)、
その筋のファンの方にもオススメです。

2012年9月19日水曜日

リッキー・リー・ジョーンズのカヴァー新作。

全曲試聴→こちら

リッキー・リー・ジョーンズが久々のカヴァー集を今月リリース。
前回の『It's Like This』(2000)はバラエティ豊かな選曲で面白く、愛聴したものだ。
ビートルズの「フォー・ノー・ワン」なんてオリジナルより好きだったかもしれん。

今回のはベン・ハーパーがプロデュースということで、その色が濃厚。
英米のクラシック・ロックの曲が多く選曲されていて、
それを変化球(スロウカーブ多し)で勝負している。
ベン・ハーパーのオリジナルも1曲あるが、それも当然同じ路線。
ルーツを掘り下げるというよりは、お互いの手持ちのカードを合わせてみたら、
なかなか興味深い音になったんじゃない? という感じか。
リッキーさんの声は歳取っても、まだまだいけます。
ベン・ハーパーは来月バラードを集めたベスト盤(新曲含む)が出るそうです。

2012年9月16日日曜日

ドアーズの超有名ライブ・ビデオ



来月『ライブ・アット・ハリウッド・ボウル』の新装版DVDが出る。
1968年のツアー初日に自作映画の為にシューティングされた映像で、
多少固いところはあるものの、ジム・モリソンのオーラは必見。
周囲にピリピリした緊張感が漂っている。
「ハロー、アイ・ラブ・ユー」が全米No.1になる直前、
普通のバンドだったらもう少し浮かれているのだろうが、
やはりドアーズは目つきが違う。
良くも悪くもアートにかぶれていて、クール。
今回のは映像のレストアに加え、音もブルース・ボトニックがリミックス、
カットされていた曲も収録、そして特典映像も1時間あるらしく、決定版っぽい。
海外では同時にCDも出るとのこと。

オフィシャル・サイト→こちら

2012年9月15日土曜日

映画と恋とウディ・アレン



決して歩みを止めない不倒の老人ウディ・アレンのドキュメンタリー映画。
その予告編。
既に歴史の幕を閉じた人物の足跡を追う内容ではない。
最新作『ミッドナイト・イン・パリ』が大ヒットという現役のスーパーマン監督を描いているのだ。
面白い。
本人はむずかゆかっただろうが。
年末には日本公開されていなかった『恋のロンドン狂騒曲』も公開になるそう。

オフィシャル・サイト→こちら

2012年9月9日日曜日

50年目のローリング・ストーンズ



50周年ストーンズが本気を出してきている。
アーカイヴのオフィシャル・ブートレグ・シリーズは既に4タイトル(→こちら)、
そして公式写真集、マディ・ウォーターズとの共演DVDに続き、
11月には怒涛のリリース・ラッシュがやってくる。
ベスト盤には先月録音されたという新曲も入るらしい。
YouTubeのストーンズ・チャンネル(→こちら)も珍しい映像をガンガン放り込んでいる。
こうなると、どれから手をつけたらいいか分からなくなってくる。
でも、嬉しい。

簡単にまとめておくと、
・GRRR!(レーベル枠を越えた3枚組グレイテスト・ヒッツ)
・Crossfire Hurricane(映像アンソロジー)
・Charlie Is My Darling(1965年のアイリッシュ・ツアー映像)
・ブリュッセル・アフェアーのLPボックス
それぞれデラックス盤があるとか…ついていけないぞ!

上の映像は伝説のキース・リチャーズのギター殴打場面。
風船にテンションがあがったステージ乱入者を圧倒する。
こともあろうにギターで殴る、しかも悠然と演奏に戻る、
という一連の動きにストーンズ・ファンは溜飲を下げたものです。
全然関係ないが、3分過ぎに演奏そっちのけで風船と遊ぶロン・ウッドも見物です。
因みにこの時のライブ録音は上記のアーカイヴ・サイトで買えます。
タイトルは「 Hampton Coliseum (Live, 1981)」。

2012年9月6日木曜日

自動でお風呂を沸かします。

Emperor Yes - Wasps from CHRIS BOYLE on Vimeo.


エンペラー・イエスという新人バンド。
英国のインディー・バンドのメンバーらで結成されたポップ・バンドみたい。
フレーミング・リップスやMGMTの影響下にあるのかな。

で、彼らのデビュー・シングルのPVが面白い。
タイトルの「蜂」にちなんで、B級パニック映画をスウェーデン製にしている(『僕らのミライへ逆回転』)。
のだが…、それよりも日本人としては、変な字幕やサンプリングが気になるのだ。
どうしても注目してしまう。
意図が分からない。
そして、PVの内容がまったく頭に入って来ません!

2012年9月2日日曜日

これぞパワー・ポップ!



最近はいつも一足遅い情報ですいません。
少し前に公開になっていた復活レッド・クロスのPV。
KISS風のメイクで、かつての美男子ぶりは見る影もないけど、
曲自体は「パワー・ポップは永遠に不滅です」と言わんばかりの好ナンバー。
パワポに若者もオッサンも関係ありません。
むしろオッサンの方が元気。
そこはかとなく熟練の余裕も感じさせますが。

僕が最初にレッドクロスを聴いたのはFMラジオだった。
中川五郎さんが「少年ナイフ」という曲をやってるアメリカのバンドがいて、
ジャケを見ても男か女かわからない、って言ってたなぁ。
懐かしい。20年以上前の話だ。
そこから紆余曲折ありつつも、まだこういう瑞々しい演奏を聞かせてくれるのだ。
嬉しいかぎり。
15年ぶりの新作は8月にMERGEからリリースされている。

オフィシャル・サイト→こちら