2017年3月14日火曜日

ロンドン・オコナーのデビュー作



アメリカ西海岸サンディエゴ出身で現在はニューヨークで活動しているロンドン・オコナー。
自主制作&フリーダウンロードで2015年にリリースしたデビュー・アルバムが評判を呼び、
このたびTrue Panther Soundsと契約、フィジカル・リリースとなったそう。
音数を絞り込んだひきこもり系のサウンドで、
妙に惹き付けられるものがあります。
歌の背後に諦念と悲哀がじんわりと広がっている。
PVでは男女がそれぞれスマホをなぶり、時間を潰している。
そして、ドレッドヘアのオコナーさんの瞳は何を訴えかけているのか。
今後の活動に期待です。