2016年8月31日水曜日

ネオアコ確信犯。



米国ミネアポリス出身、メンバーは他に掛け持ちバンドをいっぱいやっている模様。
ということで、このバンドは「英国のインディー・ギタポ」マニアらが結託した、
コンセプトありきのバンドなんだろう。
何だ、ニセモノなんだ…と思って聴いているのだが、
どうにも反応してしまう自分がいる。心乱されている。
ネオアコ魂のサガを見事につっついてくる、
何とも恨めしいバンドだ。
どうせならグラスゴー出身だと嘘ついて欲しかった。
10月に初のフル・アルバムを出すそうです。

2016年8月30日火曜日

ストーリーは予想通りです。



ブロークン・ソーシャル・シーンのブレンダン・カニングの新曲PV。
Bare Oaksというカナダにあるヌーディスト村で撮られていて(ブレンダンさんの地元のようだ)、だらしない裸体がいっぱい出てきます。
モザイクが潔くない、という人は、モザイク無しヴァージョンもYoutube上に上がっているので、検索してどうぞ。
曲は安定のファジー・ロックですな。


2016年8月28日日曜日

夢日記

豪華なホテルに迷い込んでいる。
派手な階段を降りていくと、途中に双子の赤ちゃんがいる。
二人でよちよちと慎重に階段を降りている。
すばやく横を通り過ぎると、
大人はいいなぁ、という目で見られる。

2016年8月22日月曜日

これもひとつのモダン・プログレ?



英国カンタベリー出身の4人組バンド、シド・アーサー。
バンド名はシド・バレット+アーサー・リー。レーベルはかのHarvest Records。
メンバー中3人は兄弟で、プログレを聴いて育ったらしい。
もう一人のメンバーはケイト・ブッシュの甥っ子とのこと。
そそりまくる経歴に惹かれてチェックしてみたらば、
この曲に関してはあんまりプログレっぽくはなかった。
でも、しっかり変拍子です。4/4と5/4が連なっている。
曲作りが自由な歌心に拠ってないからか(失礼)、
メロディーに力がないのが気になるところではあるが、
音楽好きをくすぐるロジカルさでカバーしてくれます。
なんでもこの曲を含む新作はジェイソン・フォークナーと制作をしたそうで、
そんな感じの淡いパワー・ポップとしても楽しめそうだ。
気になる方は他の曲もどうぞ(→youtube

2016年8月21日日曜日

夢日記

釣り船で大きな鯛を釣り上げのだが、
腹にぺったりアワビがくっついており、
気持ち悪くて思わず捨ててしまった。
よく考えたら一挙両得だったのかな、と思うが、
やっぱり気持ち悪いか、と思い直す。

2016年8月16日火曜日

オリンピック観てたら



観客席に「JAKE THE DOG」のTシャツ着ている人がいて、和んだ。
お盆ということもあり、特にネタもないので、
「アドベンチャー・タイム」貼っておきますか。
未見の方は是非。脳がゆるゆるになります。

2016年8月12日金曜日

パンクス・イン・ア・ディスコ・バー



ビーチ・スラングというフィラデルフィアのバンドのPV。
9月に出る2ndアルバムより。レーベルはPolyvinyl。
これが80年代後期のリプレイスメンツっぽくて、気に入った。
自暴自棄のようで、ぎりぎりセンチメンタルに世間と繋がっている、
アメリカ郊外の青春模様をぷんぷんと匂わせてくる。
ガスライト・アンセムの王道路線も悪かないが、
個人的にはこれっくらいの荒削り感がぐっと来るんだな、と再確認させてもらった。
注目したい。

2016年8月9日火曜日

夢日記

知り合いのオシャレ・ブロガー(実際の知り合いではない)が、
何故かうちを訪れ、謎のスーツケースを託していった。
中を開くと小型犬が4匹。
それぞれ「ヘルプ!」とか「デイ・トリッパー」とかビートルズの曲名と同じ名前がついている。
自分で飼う気がなかったので、知り合いに譲って歩いたのだが、
最後「ロング・アンド・ワインディング・ロード」だけが残ってしまったので、
そいつは空き地に捨ててきた。

2016年8月3日水曜日

手描きだそうです。



癒し系テクノに現代音楽っぽい要素が入るケイトリン・アウレリア・スミスさん。
自然育ちで優等生みたいです。そんな品格が正直に出ている印象。
PVもオーガニックで手描きもの。
作ったのはフランスのクリエイターさん→オフィシャル
多分にCG的なのは時代性なのか。